税務/会計関連

  1. 消費税改正に向けた次世代住宅ポイント制度とは?

    ◆消費税率引上げに対しての政策消費税率の引上げが行われると、引上げ前の駆け込み需要の後、需要は大きく低下します。

  2. 10%?それとも8%?軽減税率制度の微妙な判定

    ◆これは消費税が8%の飲食料品?2019年10月より、消費税及び地方消費税が8%から10%に上がりますが、「飲食料品・新聞は据え置きの8%」となります。ただし、酒類は10%・外食に該当するものは10%等、中には軽減税率を適用されないものがあります。

  3. 消費税改正に向けた住宅ローン控除周辺の改正

    ◆住宅ローン控除は平準化を目指し改正消費税率の引上げに際し、需要変動の平準化の観点から、住宅ローン控除についての改正が行われます。2019年10月から20年12月までに入居する住宅で、消費税が10%となる住宅については、控除期間が現行の10年から13年に延長されます。

  4. ついに法規制 2019年のふるさと納税改正

    ◆税制改正で過剰競争を抑制できるかふるさと納税は通常の寄附金控除とは異なり、住民税を大きく引いてくれる特別な控除があるため、個人の所得や控除によって限度額はあるものの、通常は負担が2,000円で済むようになっており、自治体が「寄附のお礼の品」を用意することによって、お得な制度となっています。

  5. 生保業界が節税保険見直し

    全額損金の「節税保険」を巡り、金融庁に続いて国税庁も規制強化の動きに入ったことを受け、保険業界の動きが慌ただしくなっています。生命保険協会の稲垣精二会長(第一生命保険社長)は2月中旬の会見で「過度な節税を強調しすぎるような販売は見直さなければならない」と話しました。

ページ上部へ戻る