トピックス

  1. (前編)相続法改正に伴い、配偶者居住権などの評価額を規定!

    原則、2019年7月1日から相続分野の規定を約40年ぶりに見直す民法改正法が施行されます。

  2. (後編)2019年度税制改正:事業用小規模宅地等の特例の適用要件を見直し!

    (前編からのつづき)具体的には、建物(附属設備を含む)又は構築物および所得税法2条1項19号に規定する減価償却資産(機械及び装置、車両及び運搬具、工具、器具及び備品等)をいいます。

  3. (前編)2019年度税制改正:事業用小規模宅地等の特例の適用要件を見直し!

    小規模宅地等の特例は、事業用、居住用宅地等の相続税の課税価格を8割又は5割減額して相続人の事業や居住の継続等への配慮を目的に創設された制度ですが、2018年度税制改正においては、一定の要件に該当する「家なき子特例」とともに、相続開始前3年以内に貸付事業の用に供された宅地等が制度の適用から除外されまし...

  4. 仮払金は早めに精算を!

    仮払金とは、現金や預金などによる実際の支払いを一時的に処理するために用いられる勘定科目です。未確定のものを一時的に計上するための仮払金が長期間精算されない場合、給与や貸付金として認定される可能性があることから処理については留意が必要です。

  5. ふるさと納税の見直し

    ◆2019年6月1日からの制度変更一部自治体のお礼の品は寄附に対しての割合が高すぎる、過度な競争が起きているとして、今年6月1日以降の寄附について、大臣が指定しない自治体に対しての寄附は、ふるさと納税における住民税の特別控除が適用されなくなります。

ページ上部へ戻る