トピックス

  1. 多様化する国税の納付手続

    最近では国税の納付手続の選択肢が増え、納税者の利便性が向上してきました。自分に合った方法を知っておきましょう。◆窓口納付金融機関又は所轄の税務署の窓口で、現金に納付書を添えて国税を納付する手続です。

  2. 国外財産調書の未届けで初摘発

    海外の銀行口座に保有する資産を「国外財産調書」で届け出なかったとして、京都市で家具輸入販売会社を営む社長が大阪国税局に告発されたことが分かりました。国外財産調書制度が導入された2014年以来、調書の不提出による摘発は全国で初となります。

  3. 10月から適用されるマイホームの特例 消費税増税と住宅関連制度

    いよいよ本年10月からの消費税率引き上げが迫ってきました。税率引き上げの影響の大きい住宅については、税制上の対策だけではなく、税制以外の対策も取られています。

  4. (後編)相続法改正に伴い、配偶者居住権などの評価額を規定!

    (前編からのつづき)「残存耐用年数」とは、居住建物の所得税法に基づいて定められている耐用年数(住宅用)に1.5を乗じて計算した年数から居住建物の築後経過年数を控除した年数をいいます。

  5. (前編)相続法改正に伴い、配偶者居住権などの評価額を規定!

    原則、2019年7月1日から相続分野の規定を約40年ぶりに見直す民法改正法が施行されます。

ページ上部へ戻る